Home

トピックス

                             

広島西部木材同業組合 組合長 村上 寛

 みなさん、こんにちは。 
広島西部木材同業組合の組合長 村上 寛です。

平成30年度の我々の対外的な活動を振り返ってみます。
平成30年7月21日(土)、22日(日) 廿日市市 市制施行30周年記念 ウッドワンけん玉ワールドカップ廿日市2018が開催されました。
 広島県西部木材青年協議会の協力を得て木のおもちゃ会場を設けて子供たちに実際に木に触れて楽しんでもらいました。 多くの人に来場いただき感謝申し上げます。

平成31年3月8日には木のまちはつかいち記念講演[ ―江戸・東京に伝わる木材産業の技―伝統芸能「木場の角乗」の継承]を開催しました。なぜ角乗なのかどうやってその技を継承してきたのかを東京木場角乗保存会の福田淳様にご講演をいただきました。
 今年度も7月20日(土)、21日(日)にけん玉ワールドカップ2019が開催されます。木のおもちゃ会場を設営する予定でございますので是非ともお立ち寄りください。
 木は人にも環境にも優しい素材です。その木材の良さを多くの方に知っていただく活動を継続してまいりますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりますが我々の活動にご協力いただきました皆様方に心より感謝申し上げます。

 ウッドワンけん玉ワールドカップ廿日市2018           2018年7月21・22日 開催


 木場の角乗                                        2019年3月8日 開催